内容60歳以上がの方がいる世帯で、高齢者の介護予防を目的として、手すりの設置、段差解消等、
住宅改修を行うために要する費用の一部を助成します。
※助成を受けるには、工事着工前に申請が必要です。
対象次のすべてにあてはまる方(ただし、介護保険サービスを利用できる方や障害福祉の住宅改修等
の助成対象の方は除きます)
①虚弱、傷病等により日常生活を営むのに支障がある60歳以上の方
②生活保護受給世帯又は、高齢者の属する世帯が市民税非課税または均等割のみ課税されてい
る世帯の方
対象工事対象工事は、既存の住宅に施工するもので、次の工事を対象とします。ただし、維持補修的工
事は除きます。
①手すりの取付け工事
②玄関及び床段差の解消工事
③滑りの防止及び移動の円滑化等のための床材の変更工事
④扉の引き戸への取替え工事
⑤その他必要と認められる工事
助成対象額上記の対象工事の工事経費で、20万円を上限として工事経費の5割(市民税非課税世帯は9割、
生活保護受給世帯は10割)を助成します。
※助成は高齢者の属する世帯につき原則として1回とします。

※当社は受領委任登録事業者です。まずはご相談ください。